シリーズ番号123番 モエレ沼公園ハロー若山のホームページ 北国の風景 北海道大都市札幌のごみ処理場だったモエレ沼公園』。イサムノグチが自然と芸術を調和させ、幾何学的構成で創られた 大地の偉大な彫刻作品である。高松に在住の折、ある倶楽部の付き合いで度々訪れた牟礼町の庵治石のアトリエは、今も健在である由、札幌に住むようになって 30余年。カメラを担いで撮り巡る市内の公園のなかで私のモチーフに合ったポイントであり、春 夏 秋 冬、最も優れた市民の憩いの場である。

インデックスページへ戻る写真トップページへ戻る一つ前のページへつぎのページへ自己紹介ページへお知らせページへ更新記録ページへサイトマップページへ

2019年4月1日掲載